入試情報

進路情報

進路指導

多様で幅広い生徒の希望に対応した進路指導

本校の進路指導は、入学時から始まります。国公立大学・難関私立大学から専門学校・就職まで、あくまでも、生徒の将来を熟慮し、生徒が進学する、就職するにかかわらず社会人として豊かな生活を送っていけるように、保護者・本人と面談の上、進路を決定していきます。

進学状況

多過去2年間の進路実績一覧(H31.3.26現在)

主な大学・短期大学

  • 首都大学東京(法学部)
  • 和歌山県立高等看護学院
  • 大阪経済法科大学(法学部)
  • 徳山大学(経済学部)
  • 大阪観光大学(観光学部)
  • 京都美術工芸大学(工芸学部)
  • 中京学院大学(経営学部)
  • 羽衣国際大学(現代社会学部)
  • 岐阜聖徳学園大学(経済情報学部)
  • 環太平洋大学(現代教育学部)
  • 高野山大学(文学部)
  • 杉野服飾大学(服飾学部)
  • 東北大学(経済学部)
  • 防衛大学校
  • 大阪府立大学(現代システム学域)
  • 関西学院大学(経済学部)
  • 中央大学(経済学部)
  • 明治大学(経済学部)
  • 関西大学(経済学部)(政策創造学部)
  • 立教大学(文学部)

主な専門学校

  • 履正社医療スポーツ
  • 首都大学東京(法学部)
  • 和歌山県立高等看護学院
  • 大阪経済法科大学(法学部)
  • 徳山大学(経済学部)
  • 大阪観光大学(観光学部)
  • 京都美術工芸大学(工芸学部)
  • 中京学院大学(経営学部)
  • 羽衣国際大学(現代社会学部)
  • 岐阜聖徳学園大学(経済情報学部)
  • 環太平洋大学(現代教育学部)
  • 高野山大学(文学部)
  • 杉野服飾大学(服飾学部)
  • 東北大学(経済学部)
  • 防衛大学校
  • 大阪府立大学(現代システム学域)
  • 関西学院大学(経済学部)
  • 中央大学(経済学部)
  • 明治大学(経済学部)
  • 関西大学(経済学部)(政策創造学部)
  • 立教大学(文学部)
  • ーツ専門学校
  • 大原専門学校
  • 京都芸術デザイン専門学校
  • 大阪情報コンピューター専門学校
  • キャリナリー調理専門学校
  • 大阪デザイナー専門学校
  • 大阪法律専門学校
  • 伊勢理容美容専門学校
  • 錦秀会看護専門学校
  • 大阪リゾートスポーツ専門学校
  • 高津理容美容専門学校
  • 天王寺動物専門学校

主な就職先

  • 株式会社平松塗装店
  • ダイハツ工業株式会社
  • 古川電設
  • 岐阜車体工業株式会社
  • 高野山真言宗香川支所下
  • 安養寺
  • 井上軸受工業株式会社
  • 株式会社カットツイン
  • 日進化学株式会社
  • 株式会社美スギ
  • 株式会社マサ住設
  • 兵庫県弘法寺

卒業生の声

平成30年度卒業:望月 巧真

岐阜県羽島市立中央中学校 出身 岐阜聖徳学園 大学経済情報学部

大切なのは強い意志を持ち勇気を出すこと

私は岐阜県から高野山高校に来て寮生活を送りながら空手部に所属していました。中1時に高野山高校の先生に声をかけていただいたのが高野山高校を知ったきっかけです。中3になっても私はまだ高野山高校に行くことを決断できていませんでした。そんな時に2つ年上の先輩にとても強い先輩がいることを知り、1年間でいいからその先輩と練習がしたいと思い、進学を決意しました。遠方から入学することは勇気のいることです。しかし大切なのは強い意志を持ち勇気を出すことです。親元を離れて生活するのが不安な人もぜひ頑張って素敵な3年間を過ごしてください。

平成30年度卒業:亀位 公純

高野町立高野山中学校 出身 首都大学東京 法学部

落ち着いた環境で8時間授業

 昨年度に特進クラスから首都大学東京法学部に進学しました。高野山高校の特別進学コースの魅力はクラスが少人数であることで先生方が生徒一人一人に対応した教材や教え方をしてくれる点にあると思います。8時間授業で6時まであるので最初は疲れるかもしれません。それでも大学生になった時、1時間半の授業でも集中力が続くので今では8時間授業に感謝しています。落ち着いた環境で8時間の授業を3年間したことで、自分の行きたい進学先に進めたと思っています。それに大学に入学してからは時間割が8時間あったと言うとみんな驚いてくれるので初対面の話の掴みにも使えます!志望校への合格目指して頑張って下さい‼

平成30年度卒業:辻本 海凪

和歌山県紀の川市立那賀中学校 出身 環太平洋大学 次世代教育学部 教育経営学科

近畿大会に初出場、初勝利

 私が高野山高校で学んだ事は、継続する力です。私は、在学中ハンドボール部に所属していました。当時部員は6人だけでした。楽しみよりも不安の方が大きく、沢山悩みましたがその時、先生や友人たちの優しさに助けられました。結果、創部3年目にして、近畿大会に初出場、初勝利という結果を残しました。高野山高校はアットホームな校風でとても充実した3年間を過ごせるとおもいます。

保護者の声

 入学した頃は、新しい環境に慣れるか不安でしたが、先生方のサポートのおかげですぐに学校生活に慣れることができました。高野山高校で3年間学んだ事を糧に日々努力を続け成長していく娘の姿を見るのはとても嬉しく、少し寂しい気持ちになりました。しかし、毎日笑顔で学校に通う娘を見ていると、先生方がアットホームな環境で生徒一人一人に寄り添い、生徒の立場になって接して下さっているのが伝わってきました。どんな事でも生徒を思って取り組んでいただき本当にありがとうございました。高野山高校ならではの行事、伝統など学習面以外にも沢山の事を学ばせていただき親子共々いい経験になりました。3年間という短い時間ではありましたが、とても大切な3年間だったと思います。今後の高野山高校のご発展を、心よりお祈り申し上げます。
保護者(辻本さん)