校長ブログ

尾畠春夫さんの言動には頭が下がります。 

スーパーボランティアの尾畠さんの言動に敬意を表する者の一人です。まず、山口県周防大島町で行方不明になっていた2歳の男の子が、尾畠さんによって発見されました。地元の警察、消防団が延べ380人を動員して3日間捜索して見つけることができなかったのに土地勘のない尾畠さんはわずか30分程で発見するに至りました。本当にホッとした瞬間です。風呂や食事を勧められても固辞する姿にも心を打たれました。被災者からのもてなしを受けないという自己完結型の正真正銘のボランティアです。古い話ですが、十分関わっていながら「あっしには関わりのないことでござんす。」と言って風のように去って行った木枯し紋次郎のことが彷彿としてよみがえりました。名声を求めず、反対給付を求めない尾畠さんの行いは正に布施行ではないでしょうか。現代に現れた菩薩です。尾畠さんのヘルメットの「朝は必ず来る。」という言葉、心に染みます。

一覧へ戻る