校長ブログ

本校への外国人来訪者が増えています。

昨日もアメリカカルフォルニアの高校の教師夫妻がアポなしで来校しました。高野山への外国人観光客の増加の余波を受けて、山中暦日なし的に静かに過ごしていた本校にも外国人がひたひたと押し寄せてきているような印象を受けます。件の教師夫妻は教頭の案内で校内や授業風景を観察し、校長室でお茶を飲みながら雑談していきました。生徒数を尋ねられたり、校長の就任年月日や訪米の有無などなどを質問されました。大体アメリカ人はどこに行っても英語で押し通おそうとするので厄介です。英語の意味は大体分かるのですが、英語の語彙がなかなか思い浮かばず、回答に苦労します。彼ら以外にも、アメリカの高校生の一団が本校生徒と交流したいと言って来たり、香港の学校の教師、生徒やニュージーランドの女性の先生が来校したこともあります。これから増えるのだろうと予測しています。英語の先生に頼ってばかりいるわけにもいきませんので、少し勉強しなければと思っています。何しろ高野山は世界文化遺産でもあり、ミシュラングリーンガイドで3つ星をもらっている聖山でもあるわけですから。年間参拝者は170万人だそうです。

一覧へ戻る