青葉祭りできました。

2018年6月18日

6月14日に青葉祭りの前夜祭がありました。梅雨空ということで、気をもみましたが、夕方からのねぶたのフロートを生徒と共に引きました。本校のねぶたは摩褐魚という想像上の魚です。胎蔵界曼荼羅に描かれているそうです。こんど、確認したいと思っています。で、そのねぶたを引きながら生徒とコミュニケーションを深めることができました。結構な距離を歩きましたので疲れましたけどね。参拝客や外国人が、しきりにシャッターを切っていました。翌15日は朝から雨が本降りで青葉祭りの本番ができるかどうか懸念しましたが、祭りのパレードが始まるころには雨が上がってしまいましたので、みんなでお大師さまのパワーは凄いと共感しあったものです。ここ30年の状況を聞いたら、祭りができなかったのは1回だけだとのことで、重ねて驚嘆したものです。

映画「万引き家族」見ましたか?

2018年6月11日

過日、山梨の自坊に帰った折に「万引き家族」の先行上映を見ました。観客が中高年ばかりだったのが残念でした。重いテーマですが、いや重いテーマだからこそ、若い人にも見てもらいたかったですね。「万引きを助長する」との意見を目にしますが、「万引き」がテーマではないことは最後まで見れば分かることです。祖母の家と年金と、父親と息子の万引きによって生計を支えている家族です。そういう極端な状況設定によって家族のあり方について問題提起しています。民族を超えた万国共通のテーマだからこそ、カンヌ映画祭で評価されたのではないでしょうか。祖母、父、母、長女、長男、次女の6人家族という体裁をとっていますが、6人全てが赤の他人の寄り集まりです。それぞれが訳ありで、一見するとインモラルな結びつきではありますが、他人同士が並の家族以上に強い愛情と絆に結ばれて暮らしています。貧しくはありますが、貧しさを苦にもせず、お互いを思いやり、生活を楽しんでいる。実親に虐待されていた「次女」は愛着障害に陥っていたのだが、ここで癒され、元気を回復し、心を開くようになる。実の家族とうまくいっていない「長女」にとっては駆け込み寺的な場所になっている。こんな皮肉はない。しかし、この蜃気楼のような生活は長続きしない。男の子がわざと万引きを失敗したからだ。「家庭」はバラバラに空中分解してしまう。「父」はアパートで独り暮らし、「母」は「祖母」の死体遺棄の罪をかぶって逮捕され、「長女」は不明、「長男」は施設入所、「次女」は実親のもとに返され、また、虐待が始まり、心を閉ざしてしまう。それでも短期間ではあったが、非日常的な生活は彼女に多少なりとも生きる力を与えたのではないでしょうか。彼女が団地の外廊下で一人遊びをし、誰かに呼ばれたような気がして手摺から身を乗り出すラストは涙なしには見られませんでした。

外国人を車に乗せて

2018年6月8日

所用があって高野山駅に行った帰り、外国人カップルが歩いているのが目に入りました。いくらなんでも山内まで徒歩では大変な道のりなので、車に乗るように言いました。道々、断片的な英語で話しました。全くのブロークンイングリッシュでしたが、結構通じるものです。リピーター?と聞いたら返事がありません。ファーストタイム?と言ったら、そうだと答えました。二人がフランス語を話していたので、フレンチかと聞いたら、ベルギーだと答えました。リップサービスでゴディバのチョコレートは美味しい旨伝えました。自分から高野山高校のプリンシパルだと身分を明かし、高野山内に住んでいると説明しました。高校の生徒は何歳かと聞かれましたので16歳から18歳だと答えました。どこまで行きたいのだと言うと中心部の適当な場所で降ろしてくれればいいというので、さらに聞くと総持院だと言うので。とっさに場所が思い浮かばず、近くのガソリンスタンドで尋ね、無事送り届けました。大変喜び、握手をして別れました高校の高校のPRのために、名刺を渡すのを忘れませんでした。

高野山学園集団得度式に出仕しました。

2018年6月6日

5月31日に総本山金剛峯寺上段の間において行われた得度式に立場上、臨席しました。高野山大学から18名、高校から2名の受者が入壇しました。戒師は総本山金剛峯寺座主、高野山真言宗管長中西啓寶大僧正猊下でした。聖地高野山の更に核心部たる金剛峯寺という最高の舞台で無魔成満でき、受者達は感激しているのではないかなと推察しました。20名の者たちは新発意として仏道を歩みだすわけですが、初心を忘れることなく、精進してくれるものと信じています。私も50余年前に得度を受けたことを懐かしく思い出しました。

梅雨の時期になりました。

2018年5月30日

高野山は、普段でも湿気の多いところですから、梅雨ともなると大変なことになります。うっかりしていると、どこもかしこもカビだらけです。去年、梅雨の時期に留守をし、帰って来たら、カビだらけでした。畳一面緑色でした。泣く泣く畳を拭きました。除湿器も入れていましたが、余り効果はありませんでした。今は別のところに移りましたので、カビからは、ほぼ解放されました。雨も降らないと困るのですが、憂鬱な季節です。

三密誓願音楽法会が催されました。

2018年5月28日

5月26日土曜日午前10時より三密誓願音楽法会が金堂にて開催されました。職衆は本校宗教科の生徒が、勤め、導師を校長である私が勤めました。外陣には一般生徒、保護者、一般参加者が200人以上参列しました。内陣では法会が行われ、生徒の手によって、献灯、献花、献茶、献香供養が行われました。更に、宗教科男子生徒のご詠歌、同じく女子3人による宗教舞踊が披露されました。各クラス生徒代表による本年度クラス目標の奉読、生徒会長による請願の言葉の奉読があり、厳粛なうちに終わりました。一般参加者の中には外国人の姿も見られました。今後は外国人来場者への配慮として、外国語のアナウンス、外国語の案内チラシの必要性を痛感しました。参加者からは、幻想的だった、厳粛な中にも美しく、壮大な感じがあってすばらしかった、感動したなどの感想が寄せられました。

本校生徒によるお接待

2018年5月11日

来る5月21日は廟参の日でして、全校生徒が奥の院にお参りに行きます。要するに平たく言えば21日というのは御大師様の祥月命日というわけです。で、その日の午後1時から本山門前で本校生徒が熊本の西瓜とミカンのお接待をします。その折にご来山の方は、どうぞ本山門前においでになり、お接待をお受けください。お待ちしています。合掌!

遠足 高野山町石道をたずねて

2018年5月7日

4月27日に全校生徒と共に午前9時に本校をスタートし、町石道を慈尊院まで下りました。全行程約20キロです。途中車道も横切ります。途中1町つまり109メーターごとに五輪塔が建てられていますので、それを頼りに歩けば、道に迷うことはありません。町石は開山の折に弘法大師が木製の卒塔婆を建てて道標とした道で、鎌倉時代には、朽ちた木製の代わりに覚きょう上人の発願により、20年の歳月をかけて、石造の五輪塔形の町石が1町ごとに建てられたわけです。古来より多くの参詣者が行き来した道を歩くのは感慨深いものがあります。下っている途中で多くの登山者とすれ違いました。高校生の集団、中学生のグループ、お遍路さんと思しき人、一般登山者、外国人の女性など、「ブラタモリ」の影響もあるのでしょう、多くの方が登っていました。コースのほとんどは樹林帯の中でした。下まで下ると眼下に紀ノ川の流れがみえました。慈尊院には午後2時を回ったころに着きましたから、優に5時間は掛かったことになります。バテバテでしたが、我ながら、この歳でよく歩いたなと驚いています。自分自身をほめたい気分でした。歩き終わった後で、足がつってしまい、参りました。しかし良い経験をさせてもらいました。この年になって・・・。

弘法大師廟参拝

2018年4月23日

毎月21日は廟参の日となっています。全校生徒、教職員が参加します。まず、学校を出発して大師教会に赴き、大講堂で法話を聞き、後に片道3,7キロの道のりを徒歩で奥の院に向かいます。まだ午前中だというのに道中外国人観光客が多いので驚かされます。7割方は外国人ではないかと思います。それも西洋人が圧倒的に多いです。なぜか東洋人は少ないのです。すれ違う外国人にはリップサービスで、こんにちは!グッドモーニング、グーテンモールゲン、ボンジュール、ブエノスタルデス、ニーハオなどと声をかけます。返ってくる言葉から察するに、フランス人をはじめとして、ラテン系が多いような印象を受けます。彼らにとっては高野山は、神秘的空間で、実在する場所とは思えない、人を引き付ける魔力を持った、世界で一番クールな場所だそうですよ。

同窓会ハワイ支部長一行来校

2018年4月23日

4月20日(金)に本校同窓会ハワイ支部長のオアフ島ハレイワ弘昭寺住職秋山泰憲僧正一行26名が来校されました。講堂での全校朝礼に参加し、交流会をしました。記念品の交換を行い、その後、校舎を見学したり、英会話の授業参観をしたりしました。私の苗字が小野でして、たまたま小野というのはハワイ語で「美味しい」という意味だと知っていましたので、その旨伝えると大うけでした。デリシャス・オノと呼んでくれと言いますと、更に笑いが起きました。オノ=美味しいというイメージと絡めて、本校のことを印象付けられたのではないかとほくそ笑んでいるところです。