2019年2月 のアーカイブ

廟参

2019年2月25日 月曜日

毎月21日は廟参の日です。生徒も教師も全校を挙げて奥之院にお参りに行きます。廟参に先立って大師教会で、まず、定例布教を聞きます。次に般若心経を7遍唱えてから、徒歩で奥の院まで移動します。この日は本校生だけではなく、大学や専修学院など本山関係者は押しなべて参拝します。往復で4キロほどありますので、結構疲れます。道々、参拝者とすれ違います。日本人だけではなく、外国人特に欧米人の姿をよく見かけます。英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語などを投げかけています。どれか、ヒットします。フランス人が多いような感触です。廟参の後は、生徒は職業体験やら、本山でのボランティア活動に従事します。普段の生活にアクセントを付ける機会でもあります。

卒業式無事終わる。

2019年2月25日 月曜日

2月20日、本校の卒業式が挙行され、35名の卒業生が巣立って行きました。本校は真言宗の支援を受けていますので、来賓には宗団関係者が大勢参加されるのが、特徴です。管長猊下、宗務総長、その他本山のご重役方が出られます。私も僧分ですし、式典は読経に始まり、宗歌でお開きとなります。その他、特筆すべき点は、生徒、教師、保護者全員が畳敷きの講堂に正座するということです。生徒たちは足が痛くてもじもじしています。もちろん、式の途中で足を崩させる場面はあります。式のクライマックスはやはり、答辞です。入学時の振り返り、いかに自分が成長したか、先輩への感謝、後輩に受け継ぐ言葉、などなど、感極まって涙ぐんでいます。こちらも、来賓ももらい泣きです。来賓からは感動的な卒業式だったとのお褒めの言葉をいただきました。生徒の8~9割は寄宿舎生ですから、感慨深いものがあるのでしょう。式後は場所を変えて卒業生を送る会をひらき、思い出の映像を見たり、教師によるパフォーマンス動画を見たりして、最後は、教師がRPG/SEKAI NO OWARIを歌って卒業生を送り出しました。

えひめ丸追悼法会厳修しました。

2019年2月25日 月曜日

去る2月9日、奥之院燈籠堂において「えひめ丸追悼法会」を厳修いたしました。校長の私が導師をつとめ、宗教科の生徒12名と教師が職衆を務めました。法会は平座理趣三昧で行いました。90分程で終わりました。つくづく生徒は声明もお経も上手いなと感心した次第です。燈籠堂を出ると雪がしんしんと降っていました。全員、和傘をさして集会処に戻りました。廟前橋の向こうにはカメラの砲列が出来ていました。清らかな雪を見ながら、殉難者たちも喜んでくれているのかなと思われました。