2019年4月 のアーカイブ

高野山の桜が咲き出しました。

2019年4月19日 金曜日

高野山の桜は去年より遅れて開花しました。8分咲きといったところでしょうか。白蓮も満開でとてもきれいです。昔は本校の校庭に、夕方になると地元の方が大挙して花見に来たということです。桜の開花予想に用いる「600度の法則」というのがあります。「その年の2月1日以降の最高気温を足し算していき、累積気温が600度を超えた日に桜が開花する。」というものです。やはり、2月の気温が低かったということなのでしょう。平安時代から花というと桜を意味するようになったようで、日本人は毎年春になると桜の開花に気をもむようになりました。桜の花の下で飲んだり、食べたりして大騒ぎするのは、日本人独特の習慣で外国人は不思議がるようです。中には、桜の花に日本人を狂わせる物質が含まれているとの仮説を立てて分析した人がいたようですが、何も含まれていないというごく当たり前の結論に達したようです。

平成31年度入学式が挙行されました。

2019年4月8日 月曜日

4月7日に本校の入学式が挙行されました。本校の講堂は畳敷きです。来賓を除いて新入生も保護者も教員も畳に正座します。こんな高校は他にはないでしょうね。もちろん、時々、足を崩させますけどね。また、式の初めにご法楽と言って全員で般若心経を読経する場面がありますが、これも他ではあまりないことでしょう。読経するときには、姿勢を正しますから、身体の歪みが改善されたり、血行が良くなる効果があります。入学式の後には、生徒も保護者も徒歩で大師教会に赴き、受戒を受けます。更に、本山の金剛峯寺に行き、宗務総長(学園理事長)の講話を聴きます。そのあと、本山の庭で記念撮影です。学校への帰途、外国人にバス停を尋ねられ、オーバーゼアと答えましたが、通じたようです。ことほど左様に高野山には、外国人が多いのです。これから陽気が良くなるとますます外国人旅行者が増えていくことでしょう。校内のあちらこちらにフキノトウが芽を出しており、高野にも遅い春が巡ってきたようです。高野はこれから様々な花に彩られます。

中国研修旅行その2

2019年4月6日 土曜日

宗教科研修旅行の宗教科たる所以は旅行の行き先にあります。福州の赤岸鎮、空海大師紀念堂、西安の大雁塔、青龍寺、大興善寺です。もちろん、観光的要素もあります。赤岸鎮は弘法大師の乗った遣唐使船が漂着した所でして、やはり、現場に臨んだ時には胸にこみあげるものがありました。こちらは航空機とバスで短時間で着いてしまいましたが、お大師様は苦難の末に命がけでたどり着いたわけですから、その落差の大きさに思いを馳せました。空海上陸記念碑は畑の中にひっそりと建っていてあっけにとられました。埋め立てられたのでしょう。海は遥か彼方です。地元には空海研究会があるとのことでした。空海大師紀念堂で教師・生徒16名で法会を行いました。小雨が降っていてお大師様が喜ばれているのだろうと勝手に思っていました。西安では上記の3か所で読経しました。大雁塔では僧衣姿が珍しいのか、わざわざそばに来て、お前たちは何なのかと尋ねる人がいたり、草履を履いているから日本人だよと話し合っている人もいました。不躾にジロジロと眺めるところは中国人らしいなとおもいました。中国の行政とか公安は宗教を嫌がるようで、大雁塔では始め、読経はダメだと言っていましたが、結局、小さい声で唱えるなら良いということになりました。規制の厳しい不自由な国です。空海は中国ではコンハイと発音し、結構有名なのです。チェンカイコウ監督の妖猫伝に空海がたしか白楽天と共に主役的な役回りで出ていました。

中国研修旅行に行って来ました。

2019年4月6日 土曜日

3月6日から10日まで、4泊5日で本校宗教科1~2年生12名、教師4名で中国に行って来ました。私にとっては20年ぶりの中国でした。ずいぶん変わっていたので驚きました。畑ばかりだったところにビルが立ち並び、道路が整備されていました。自転車を探しましたが、皆無でした。日本車も含めて外車ばかりが目につきました。バイクもあまり見かけませんでした。まだ車文化が成熟していないのか、荒っぽい運転が気になりました。我々が乗っているバスの運転も煽り運転ではないのかと思われるようなものでした。クラクションも確かに鳴らしますが、以前ほどではありませんでした。田舎は別として塵もそれほど目につきませんでした。痰を吐く人もほとんど見かけませんでした。でも、生徒は機内で痰を吐く人を見かけて気分が悪くなったと言っていました。上海の豫遠の小籠包は絶品でした。福州、西安、上海と移動しましたが、空港も名所旧跡も検査検査で快適とは言えませんでした。上海から乗ったJALの客室乗務員がお帰りなさいませといってくれた時にはほっとしました。機内では緑茶も供されて癒されました。