本校女子ハンドルの近畿大会必勝祈願をしてきました。

今日、高野山奥の院の燈籠堂で女子ハンド14人を連れて必勝祈願に行って来ました。堂内に正座して維那さんの護摩祈祷を受けました。生徒全員が護摩札に願意を書きました。1時間ほどでしたが、生徒たちは足が痛いのかもじもじしていました。奥之院ということもあり、黙々と行法をされていました。終了後、法話がありましたが、さすが、維那さんは必勝祈願という言葉は口にはされず、自信をもって落ち着いて試合に臨めるように祈祷したという趣旨のことを言っていました。スポーツは技術面だけではなく、メンタル面も重要です。今日の祈祷と明日の朝の壮行会で生徒たちに精神的なパワーが充填できればと思っています。

コメントをどうぞ