マイ・ウェイコース紹介

よくあるご質問

通信制について

通信制課程と全日制課程ってどう違うの?

勉強する科目や時間を自由に選べます。

全日制課程では学年制を採用しているところが多く、一定単位数の修得ができなければ、留年もしくは仮進級になります。その際、それまでに修得した単位はその学校では認定されず、再度始めから履修しなければなりません。 通信制課程の場合、同時に単位制(修得済総単位数74単位を卒業までに取得すればよい)を併用しているため、学年落第はありません。単位は、課題レポート、スクーリング、学期ごとの単位認定考査(科目によっては考査を実施しないものもある)で認定されます。

通学コースと集中スクーリングコース、それぞれのいいところを教えてください。

どちらにも良いところはありますが、修学旅行的な集中スクーリングがおすすめです。

通信制の場合、卒業に必要な単位を修得するためには一定のスクーリング(授業のこと。全日制に比べると出席必要時間数は非常に少ない)を必ず受けなければなりません。通学コースは生徒本人の希望に応じて学校側と連絡をとり調整の上、平日に高野山にお越しいただくか、ふだんはサポート校、学習センターに通学していただき、スクーリング時のみ、高野山高校もしくは東京、大阪の協力校で、スクーリングを受けるコースです(サポート校、学習センターでの学習費用は別途必要になります)。
集中スクーリングコースは、あらかじめ学校で時間割を決めておいて集中的に受けるコース(年間3日間程度)です。遠方の方は通常宿坊に宿泊し、保護者等の同伴者はその間に世界文化遺産の高野山をゆっくり見学していただけます。

ダブルスクールって何ですか?

専門学校や進学塾・予備校など、学びたい学校にもう一つ通えます。

全日制高校の場合、学校生活が中心になります。時間的余裕が少なく、何かしようと思えば、本業の学業がおろそかになったり、身体の健康を犠牲にすることもあるかもしれません。
通信制の場合、時間的、場所的に拘束されるのはスクーリング、特別活動などの時だけです。スクーリングは放送視聴を併用するなどすれば非常に少なくなります。レポート作成は自宅でもできるので、自由な時間をたくさんつくることができます。
ダブルスクールのイメージとしては、スポーツ教室に通う、語学学校に行く、海外に語学留学する、自分のやりたい専門の仕事の教育機関に入り勉強する、バレリーナになるためにバレー教室に通う、特定の大学入学を希望してその準備のために塾、予備校に通って、より高度な勉強をするなど、学校に籍をおきながら、いろいろなことを同時に実現できます。
特に最近のIT技術の著しい発達、海外にも行きやすくなったことなど、グローバル化の進展によって大切な時間を幅広く、有益に活用できるのです。

スクーリングには必ず出席しないとだめですか?

規定の回数以上の出席が必須です。

規定の回数以上出席しなければ、単位は認定されません。ただし、メディア(NHK高校講座・東京書籍DVD視聴)の利用により、回数を減らすことができます。

単位修得、卒業要件について

前籍校が工業科です。すでに取得している単位はどうなりますか?

取得済み単位が認められます。

ただし本校は普通科なので普通科目はそのまま認められますが、取得済み科目の中で工業科目の20単位以上は普通科高校の卒業条件として認めることができません。
例えば前籍校で50単位修得済みであるが普通科目25単位、工業科目25単位であれば、
卒業までに74-(25+20)=29単位の単位修得が必要です。
工業高校以外にも、商業、農業、水産高校など、前籍校での実績(在籍日数、修得単位数など)は卒業要件に基本的には加算されます。履修相談の際、個別に指導いたしますので心配は無用です。

1年で最大いくつの単位を修得できますか?

年間、最大40単位まで修得できます。

卒業に必要な単位数は74単位です。全日制のように学年ごとに履修単位、科目が固定されていないので、その年度に履修する科目、単位数を生徒の希望によって決めることができます。本校の卒業条件としては、半期、5単位以上の履修が必要です。

卒業するのに必要な条件って何ですか?

74単位以上の科目履修・修得が条件です。

高校卒業の条件は3年以上在籍し、74単位以上の科目履修・修得、特別活動30時間以上が必要です。
科目の単位を修得するためにはレポートの必要回数の提出と必要時間数のスクーリング出席、試験に合格しなくてはなりません。
転入、編入した場合は前籍校での在学年数、修得済み単位数を加算して上記の条件を充足すれば卒業できます。卒業資格は全日制課程と全く同じです。

学費について

入学金、授業料、維持費以外にかかる費用はありますか?

実習費など別途必要な費用があります。

教科書・副読本代と教科、学習により実習費が必要なものがあります。また、通学コースでは、本校やサポート校、学習センターでの学習費が必要となります。保険に関しても、別途加入していただきます。その他、特別活動費、卒業諸費(卒業予定期)などが必要です。

奨学金制度はありますか?

都道府県の奨学金制度が利用できます。

本校独自の奨学金制度はありませんが、都道府県の奨学金制度が利用できます。

学割はありますか?

あります。

しかし定期券は購入できません。通学する場合は、回数乗車券を学生割引で購入することができます。
旅行するときは、申請によって学割証を発行します。

学校生活について

バイク通学や服装、髪型・髪色、ピアスなどの制限はありますか?

学習の場にふさわしいスタイルをお願いします。

バイクを含めた車両での通学は校則で禁止しています。
服装や髪型なども学習の場にふさわしいもの、スタイルをお願いいたします。
本校指定の制服も用意していますので、希望される方は購入していただけます。
また成人されていても学校内での喫煙は禁止です。

併設校への進学は可能ですか?

高野山大学への進学時特典があります。

本校には高野山学園高野山大学が併設されています。
進学を希望される生徒さんには、入学金免除などの特典があります。