校長ブログ

三密について

 新型肺炎に関連して3密という言葉が喧伝されています。密閉・密集・密接を避けようというわけです。一方、真言末徒からすれば、そういう悪い意味での使い方は、何とも、気分が悪いのです。私たちにとって、三密というのは、根本的な思想を象徴する言葉なのです。密教では、身体と言葉と心の三つを身口意と言いまして、この三密相応することによって、仏の力を自分の力に取り込めるとしています。身口意に働きかければ、必ず宇宙に響いて仏さまに感応できるというのが密教の三密でして、この三密を守って、しっかり修行すれば、だれでも、この世にありながら仏さまに出会え、仏さまと一体になれるというわけです。お大師様は今を充実して生きることが仏になる、つまり、成仏する早道だとお考えになったわけです。他宗の三劫成仏の考え方とは正反対の考え方なのです。

一覧へ戻る