学校案内

青色青光

生徒諸君がそれぞれ持っている個性を伸ばしましょう。

阿弥陀経
池の中に蓮華あり、大きさ車輪の如し
青き色には青き光あり
黄なる色には黄なる光あり
赤き色には赤き光あり
白き光には白き色ありて、微妙香潔なり

極楽浄土の花は、一色ではなく、いろいろな色があります。それぞれが唯一無二の美しい存在です。
人もまた、人それぞれです。全ての人は、つながり合って、共に生きています。
教育とは「人間改造」ではありません。各自が持っている個性を伸ばすことです。
それぞれの生徒がそれぞれの個性を、精一杯伸ばしてくれることを願っています。

高野山高等学校を理解する
7つのキーワード。

  • 弘法大師が京都に開設した庶民の学校「綜藝種智院」の伝統を引き継いでいます。
  • 明治19年に創設され、134年の歴史と伝統があります。開創1,200年という高野山の霊域にあります。世界文化遺産に指定され、参拝客の6~7割が外国人です。ミシュラン・グリーン・ガイドで3ッ星を獲得しました。
  • 標高900メートルの静寂な環境にあります。
  • 普通科 特進コース、普通科 自己探求コース、普通科 スポーツコース、普通科 吹奏楽コース、宗教科、マイウェイコース(通信制)と多彩なコースが設定されていて、多様なニーズに対応し、多彩な才能の開花を可能にしています。各コースは、乗り換えが可能です。 *2年後には国際バカロレアコースを開講します。*中国人生徒を受け入れ、居ながらにして異文化交流ができます。
  • 寄宿舎を設けており、「高野ファミリー」と名付けたい、アットホームな雰囲気があります。昼食は、通学生も一緒に食べています。今年度寄宿舎を建て替えます。
  • 「山椒は小粒でもピリリと辛い」と言います。全校120名の小規模校ですが、それを逆手にとり、一人ひとりを尊重した少数精鋭主義をめざしています。
  • 一人ひとりが個性的な花を咲かせ、それが全体的に調和するという阿弥陀経の世界を実現しています。

どうですか、あなたも高野山高等学校へ続く、扉をノックしてみませんか。

高野山高等学校 校長 小野 芳幸

学校紹介

個性的な授業

  • 全校朝礼

    全校朝礼では、全員で般若心経を唱えます。高野山高校ならではの朝礼です。

  • 個性的な授業

    持ち込み禁止が多いスマートフォンをあえて使い、英単語アプリを使って楽しく授業。音声も聞くことができて個人のペースで学習できます。

  • 情報

    情報の授業では、一人1台のパソコンを使用します。

施設紹介

  • 講堂

    築80年の伝統を受け継いだ高野山高校の講堂。もちろん、出入りするときは一礼を欠かしません。

  • 宗教教室

    宗教科の授業で使用される高野山高校ならではの専用教室。僧侶への道は、ここから始まります。

  • 体育館

    とっても広~い体育館です。体育の授業や、ハンドボール部で使用されています。すぐとなりにはトレーニングスペースが!

  • トレーニングスペース

    体育館に隣接するトレーニングスペース。体育系クラブの生徒は、ここで筋トレ三昧できますよ。

  • L.L教室

    プロジェクターを使ったプレゼンテーションや映画鑑賞、様々な講演などで使用します。

  • 食堂

    定番のメニューのカレーや、ハヤシライスは食べたいだけ食べられて大人気! 寄宿舎生は、朝・昼・夜の3 食ここでいただきます。食事の時間はいつも賑わっています。

クラブ活動

  • 野球部(スポーツ)

    甲子園出場経験がある伝統の野球部は、専用の広いグラウンドで、毎日遅くまで練習にはげんでいます。金属バットのかん高い音をひびかせて、再び甲子園を目指しています!

  • 女子ハンドボール部(スポーツ)

    スポーツコース初の女子クラブ、ハンドボール部。監督・コーチも女性なので、厳しいながらも楽しい時間をすごしています。インターハイに向けて練習に励んでいます。

  • 空手部

    空手道場からは気合の入った声が聞こえます。ここ数年は、ワールドカップや全日本大会等でも活躍中。少数精鋭ですがなかなか強いんですよ。

  • サッカー部

    専用のサッカーグラウンドで日々汗を流しています。スタートラインに立ったばかりだが、いつかきっと全国へ羽ばたくぞ!

  • 吹奏楽部

    経験豊富な指導者による専門的な指導を受けられる吹奏楽部。綺麗になった音楽室で集中して練習に取り組むことができます。出来立ての部活動で一緒に吹奏楽を頑張ります。

  • インターアクトクラブ

    留学生との交流や海外研修を通して、海外の方々と交流し国際感覚を身につけます。募金活動や清掃奉仕など、さまざまなボランティア活動を行い奉仕の精神を養います。

まだまだあるぞ!高野山高校の部活・同好会

  • 軽音楽・ダンス部
  • 家庭同好会
  • 書道同好会
  • マンガ・イラスト同好会
  • 文芸部
  • 弁論部
  • 宗教行道部

沿革

明治19年 古義真言宗尋常中学林として興山寺跡(現金剛峯寺別・奥殿)に古義大学林に併置して創立。三ヵ年課程を以て初歩の自他宗学を教授する。
明治28年 学科及び学年の編制を改め、自他宗学の外に普通学科を加える。
明治41年 私立古義真言宗聯合高野中学林と称す。第4学年を置く。
明治42年 第5学年を置き、5年制確立さる。
大正5 年 私立真言宗高野山中学と改称、大学から分離独立する。
大正8 年 在家(檀信徒)の子弟の入学を許可する。
大正14年 谷上の校舎竣成す。興山寺跡にあった旧校舎から移転する。
大正15年 高野山中学と改称する。
昭和11年 講堂竣成
昭和12年 創立50周年記念祭挙行。校門、武道場建設さる。
昭和23年 学制改革により、高野山高等学校と改称する。修業年限3年、男女共学となる。
昭和26年 創立記念日を期して、現在の校章を制定する。高野山中学の伝統をいかし、三宝鳥の羽に「中」とあったものを三宝鳥に「高」とする。
昭和30年 体育館竣成、三笠宮殿下の御台臨を得て開館式を挙行する。
昭和31年 創立70周年記念式典挙行。恩師の碑、和泉猪之吉先生胸像建立さる。
昭和41年 第38回全国高等学校選抜野球大会に出場。
昭和43年 寄宿舎竣成
昭和44年 柔道場竣成
昭和57年 韓国東国大学校師範大学附属高等学校と姉妹結縁。
昭和59年 韓国東国大学校師範大学附属中学校と姉妹結縁。
昭和61年 新体育館竣工
昭和61年 創立100周年記念式典挙行
昭和63年 第70回全国高校野球選手権記念大会に出場。
平成2年 第二体育館竣工
平成6年 全日制課程宗教科(男女共学)新設
平成8年 多目的グラウンド落成
平成11年 全日制課程普通科に海外留学コース新設
平成13年 全日制課程宗教科(男女共学)が文部科学省より認可される。
平成14年 全日制課程普通科に総合コース(総合学力・国際福祉)、スポーツWコースを設ける。
平成18年 創立120周年記念式典挙行
平成21年 京都大学文系特別進学コースを京都大学特進コースに改称
平成23年 全日制課程普通科をAL進学、自己探求、スポーツの3コースに編成。普通科AL進学の呼称を特別進学に変更
平成27年 高野山開創1200年法会に出仕
平成27年 広域通信制課程「マイ・ウェイコース」新設
平成29年 食堂リニューアル
令和2年 吹奏楽コース開設
令和3年 寄宿舎建て替え(予定)
中国人留学生受け入れ(予定)